人生100年時代を幸せに生きよう!生き方、生きがい開発の仕方を身に付けよう!

人生100年時代の到来!人生の生き方、生きがい、対応力、セルフケアの仕方をホリステイックな視座から情報共有していきます!

シニア世代&シニア準シニア世代ためのホリスティックライフプラン

 ─シニア世代と本ブログの姿勢―

 

こんにちは。

お元気ですか。

ずいぶん過ごしやすくなりましたね。

高畑吉宏です。

 

さて本題です。 

本グログはシニア世代、シニア層及びシニア予備軍を対象とした

ブログなので、改めてシニア世代について触れたいと思います。

 

“シニア世代”、“シニア層”についてはきちんとした定義が

ないまま使用されているのが現状です。

まず国連では60歳以上をシニアと呼び、

WHO(世界保健機構)では65歳以上とされています。

 

また「シルバー人材センター」では60歳以上をシルバーとして

求人対象にしています。

ただし、現在では「シルバー」という言葉はあまり耳に

しなくなりました。

「シルバー」の名は、電車やバスにシルバーシート

設けられて普及した言葉のイメージが強いです。

 

次に、求人を扱う媒体では、50歳または55歳までがシニア世代

とされています。

※ただし、保守・メンテ業務を視野に入れるとさらに市場は

一気に上がるのが実態です。

転職市場は、需要と供給の実勢を基にしていますので、

かなり実態的と言えるでしょう。

したがって、多くの人は、

あなたの年代(歳)の相違はまぬがれませんが、1970年代に

時の流れを体験していらっしゃいます。1970年代の大きな出来事などは

以下のとおりです。

・1970年:日本万博開幕 作家三島由紀夫自決

・1971年:マクドナルド・ハンバーガー1号店が銀座に養生

・1972年:沖縄施設権返還、沖縄県発足 はがき10円、封書20円

・1973年:金大中氏事件 大卒初任給6万3499円

・1974年:小野田寛郎元陸軍少尉を救出 スプーン曲げブーム

・1975年:ベトナム戦争終結 大卒初任給9万1272円

・1776年:ロッキード事件田中角栄逮捕 

・1977年:日本赤軍日航機をハイジャック

       王貞治ホームラン世界記録

・1078年:日本語ワードプロセッサーJW-10発売

・1979年:国公立共通一次試験 国鉄初乗り80円→100円へ

また共通体験としては、「赤電話」や「電話ボックス」

活用した世代です。

 

列記してみると、まだまだ昭和の“香り”を色濃く持っていた時代だとわかります。

 

そのような時代にあなたはお育ちになったのです。

 

さて、「人生100年時代」を社会構造づくりを思考枠

に入れると、

人生100年生きれないよ、と思う人も多いでしょう。

私もその一人です。

そんなのムリムリと…。

 

ところがそういう問題ではありません。

和か国の社会構造全体の基本的枠組みを構造的に変えていく

構想なのですから、

そのことを視野に入れなくてはなりません。

 

その影響はシニア世代に関して言えば、年齢の上団塊の世代

(昭和22年から昭和24年)から始まって50歳以上の方より

濃厚と言えます。

 

本ブログがシニア層及びその予備軍(この言葉の好き嫌いは別として)

としているのは、「人生100年時代」を見据えているためです

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。